2013年3月22日金曜日

【U-10】3月21日レポート!!

いずみコーチです。

今日は、1年生ちかやが学校で体調を崩しお休み。
2年生なおとが1日参加、4年生たつき・2年生こうご・いっけいが体験参加してくれました!!


TR-1

・リフティング(連続・様々な部位)

インサイドキックの形を、確認しました。
体の構造上難しい動作ですが、膝を開きインサイドが地面と平行になるまで振り上げる感覚は繰り返し行うことで自然となってきます。
なおとが膝下をしっかりと振り、良い感覚を掴めていましたね。


TR-2

・リフティングシュート

近頃、ドリブル中心のトレーニングが続いていたので、少し気分転換も含めたメニューですが、コントロールの形とミートの感覚を養う、シンプルながらも集中することで意味のあるトレーニングです。
たつきやなおとが、コントロールからシュートの流れがスムーズで良かったです。
こうきも、しっかりミートすることができていましたね。
たかは「あーっ!!」と、イメージをしていることでキックした時の感覚がちょっと違うから??声が出ているんだと思います。
ある意味、一生懸命に取り組み集中している証拠ですね☆


TR-3

・コーンドリブル(様々な部位)

周りを観ながらスピードを意識して、コーンの間をすり抜けていきます。
まだ、コントロールする部位によって不得意なモノもありますが、このメニュー自体U-10クラスは3回目のトレーニングですので、徐々にコントロールが自然になってくれるよう促していきます。


TR-4

・リング付きコーンドリブル(ターン)

自分が選んだ色のリングが掛かっているコーンを回っていきます。
片足を軸にして回る感覚を掴んだところで、通常のターントレーニングを含めて近い感覚で取り組んでもらいました。
ターンは全員、イン・アウト・足裏と良い感覚でチャレンジできていました。



TR-5

・コーンドリブル(フェイント)

時間が押してしまったのでフェイントの数は少な目ですが、特にシザースやステップオーバーはみんな良いリズムになってきましたね。
「フェイントでは何を意識する?」の問いに、ゆうだいが「捌きの速さ!!」と応えてくれました。
スピードに乗ったドリブルからフェイントができることも大切ですが、ゆっくりから速いフェイントで緩急を付けると駆け引きできるようになるのでとても良い意識です。


GAME

今日はスタートからいつもより広くコートを取りました。
ゆうだい・ようた・りょうがと、パスコースが無ければ近くで受ける意識が素晴らしいです。
密集した状況になることが多いのですが、その中でドリブル練習の成果をチャレンジすることが大切です。
ボールにたくさん触りチャレンジできるように、パスのもらい方から工夫しましょう!
体験の、たつき・こうご・いっけいも一生懸命チャレンジできていました。
たつきは最後、豪快なボレーシュートを決めましたね!!
練習(TR-2)と近いシチュエーションだったと思います。


U-10クラス体験の3人も、一生懸命サッカーを楽しむことができます。
使ったビブスをたたんで返してくれたり、挨拶がきちんとできたり、サッカーではプレー技術だけではなく人間力を身に付けることも大切で、コーチ自身も子ども達に伝えていきたいと思っています。

ゴールの後片付けを手伝ってくれる子もいたりと、みんなで協力するからこそ一緒にトレーニングしている意味も深まってくれるはずです。

U-10クラスを担当させていただき3回目。
低学年中心ですので、U-6クラス同様にとことんドリブル(+α)をトレーニングしていきます。

ボールにたくさん触ることでキックやコントロールの向上にもつながり、ドリブルしながらたくさん走ることで足腰も強くなります。
引き続き、頑張っていきましょう!!


そして来週は2012年度ラストとなります。
とみーコーチや子ども達の中にも、来週が最後となる子がいます。

池袋校のいまがあるのは、とみーコーチやこれまで担当してくれたコーチ、そしてもちろん子ども達が一緒に楽しくサッカーをしてくれたお陰様です。

感謝の気持ちを込めて、しっかりとトレーニングしたいと思います。

OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

会場 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikebukuro@gmail.com
Web : http://obrigado.info/
Mobile : http://obrigado.info/m/

0 件のコメント:

コメントを投稿