2015年10月14日水曜日

【水スペシャル】10月14日レポート!!

いずみコーチです。

TR-1
・クロスボールシュート
TR-2
・クロスボールシュート(DFあり)
GAME
・サイドサーバー付き

※以下、10/8木SPクラスの転載です

パスの出し手が顔を上げた(見た)タイミングで動き出すことは基本中の基本です。

3つのゾーン
・ニア(点)
・センター(点+線)
・ファー(線)

ゴール前に入る選手が3人いるのであれば、3つのゾーンを意識しながらそれぞれのタイミングで入ることで、3回のチャンスを作ることができます。

前途( )内に記している通り、クロスボールに対し点または線で合わせます。
分かりやすく表現すると、点はピンポイント(受け手主導)、線はクロスボールに対応し(出し手主導)合わせる。

次に相手との駆け引き。

相手がぴったりマークについているのであれば、DFとGKの間を狙う。
相手が引いているのであれば、手前のスペースを使う。

相手が対応してきたら、チェックや不規則な動きでDFの視野から消え(背後を取る)たり、敢えてニアに抜けて囮になったりと、チームとしてゴールを決めるためにあらゆる手を尽くしながら駆け引きしてみましょう。

最後に、出し手と受け手の共通イメージ。

マークを外したところでパスが合わなければもちろん意味はありません。
そのイメージを合わせるために最初に表記した基本中の基本、出し手が見たタイミングでアクション(動き出し・コミュニケーション)することで、それに応じたリアクション(パスの質)が返ってきます。

※ここまで転載
--

今回のTRで特に成長が観られたのは、ゴール前の選手のスペースを認知した入り方と、サイドの選手がその状況を認知(観ること)してからクロスボールを誰に合わせるか?を選択することです。

3年るいとは、認知を覚えてからクロスの成功率が格段に上がりましたね!!
3年しゅういちろうは、センターへの入り方がタイミングばっちりでした!!

5年いぶき・そら、4年こうきは、質の高いクロスと中で合わせるイメージが持ててます。

現状では、木スペシャルクラスと比べたら正直かなりの差がありますが、前途3名は遜色ないプレイを魅せてくれています。
全体的に意識レベルを上げて、底上げしていきたいですね!!

先ずは技術レベルからですので、隔週の技術TRを大切にしていきましょう。








OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿