2016年1月21日木曜日

【木スペシャル】1月21日レポート!!

いずみコーチです。


今回より、4年しょうがスペシャルクラス仲間入りです。
U-12クラスから続けてのトレーニング、しっかり積み重ねていきましょう!!
また、水曜スペシャルクラスの3年しゅういちろうがU-12クラスに引き続き体験参加してくれました。

TR-1
・6角形パス
TR-2
・6角形+1パス
GAME
・ハーフコート

今月取り組んでいる、フォーメーションを意識したポゼッション、新たな形を含めていきます。

反対サイドへの展開やワンツーの連携等、今回も上級生・下級生で競います。
程よい疲労と緊張を感じながら、ワンプレイに集中し、味方がミスしないようにサポートの声も生まれていました。

結果的に、最後のゲームではポジショニングのバランスも良く、狭い局面で細かいテクニックや繋ぎにワンツーを、カウンターでは連動性ある展開が観られていました。

特に今回はこれまでにない程度のゲームスピードを感じましたが、トレーニングで負けグループが同時スタートで5周走っていたことで、ゲーム前に限界値を何度も振り切っているが故に、ゲームではより限界値に近い感覚でプレイできていたのではと思います。

そして、今回は意図的に緑ビブスにフットサルクラブのメンバーを固めました。
対戦相手のスクール生が強いと感じられるくらい、スピーディで連動性がありながらテクニックを含めてプレイできていましたね。
3年りくが縦に仕掛け、 3年あんりが中央から連動しつつ強引に仕掛け、3年はゆまが3人目で絡みながら溜を作り、4年そうたが神出鬼没で運動量多く全体に関わり、5年ひろとが後ろからバランスを取って展開と仕掛けをする。
たまたまだと思いますが、プレイスタイル的にも融合できるメンバーが揃い、短時間のゲームで4点差付けるなど躍動していました。

最近入会の3年はると等、ゲームでは中々ボールを触ることができなかったですね。
足下の技術が抜群でも、 サッカーインテリジェンスが高くゲームスピードについていけなければ、技術を生かせないことを肌で感じてくれていると思います。


もちろん、全体的には改善点が多くあります。

①味方(展開)のパスコースがあるのに、ドリブルを仕掛けてしまう。
「情報収集」→「情報整理」→「情報処理(変換)」→「情報選択」→「情報発信」
一般的に言われるのは、「認知」→「判断」→「実行」ですが、先ずそもそもオフザボールの際に「情報収集」と「情報整理」にあたる「認知」ができているのか?
そして、オンザボールの際に運び(ドリブル)ながら「認知」できているのか?
「認知」の方法は、常に伝えているので、意識したら簡単に分かると思います。

仮に、認知できていないのであれば、味方が伝えることができなかったのか?
「こっちもあるぞ!」「いま出せただろ!」何でも良いです。

②パスが繋がらなかった場合。
「情報処理(変換)」と「情報選択」 にあたる「判断」ミスがなかったか?
色々要因を上げればキリがないですが…

ひとつ、「情報処理(変換)」の(変換)は、アレンジです。
一つ一つの情報を…
Aは、マークが付いている。×
Bは、一番決定的なポジションにいるけどパスコースが狭い。△
Cは、フリーだけどゴールから遠い。〇
等の情報を基に、パスが通る確率が×△○と「情報処理」されるのであれば、
フリーのCに展開しようとして、Bのパスコースを狭めているマークがC方向にスライドした(パスコースが空いた)瞬間に、Bにパスを通す。

△だったパスコースを〇に「情報変換」する。


全ての選手がインテリジェンスを高めて、出し手も受け手もコミュニケーションが取れるようになったら嬉しいですね!!

自然と、競争意識を芽生えさせる環境に整ってきたと感じます。
より意識を高めて切磋琢磨していきましょう!!

















OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿