2016年5月3日火曜日

【フットサル】バーモントカップ東京都一般予選レポート!!

こばコーチです。

本日立川市泉体育館にてバーモントカップ一般予選へ参加してきました。

まず初めに多くの応援ありがとうございました。
選手たちにも大きな力になったと思います。

【結果】
第一試合0-0vs東京町田小川ブルー
第二試合4-2vsアクセルJr`09ブルー
第三試合8-0vsFC KOMA6
2勝1分
勝点7得失点差+10 2位

第一試合引き分けた東京町田小川ブルーが得失点差+13だったため得失点差で及ばず2位で予選敗退となりました。
1試合目、かたさが見られ崩しきれずのドロー。
14分間の短さを強く感じたゲームになりました。

2試合目、そういちろう、そうたを入れる事で、前線からのプレッシングで前がかりに2点先制しましたが、逆に連動性が薄いため、後ろで組み立てられず奪われ立て続けに2失点。
その後たいせいのFK獲得で相手GKが退場になり1人多い状況でしたが、GKの交代に時間がかかり、たいせいのスーパーゴールなどありましたが、大量得点を奪う時間がなく2点差での勝利でした。

最低でも11点差での勝利が必要な状況で迎えた最終戦でした、そうたをGKに入れパワープレーに出て大量得点を狙いに行きましたが、決めきれない。
何度もあったGKとの1対1を決められず8-0、3点得失点差で及ばず敗退となりました。

突破できないのはもちろんですが、都大会へ出場することでより強いチームと対戦することで得る経験が出来なかったのはとても残念です。
真剣勝負の舞台で、緊張感をもって試合する経験、またその試合へ向かう準備期間が一番成長できると感じます。

細かい事をあげれば本当にたくさんありますが、コートが狭く時間も短いフットサルだからこそ1プレーの重み、簡単に入る1点の重みを感じてくれたんではないかと思います。
最低限そこは感じて取り組まないと本当に意味のないものになってしまいます。
いまはまだ実感がわいていないかもしれませんが、みんなの能力からしても本当にもったいない事です。
今日突破したチームは1か月の準備期間を経て実践を積むことで大きな刺激と成長を得る事が出来ます。
敗退したチームは最低でもその突破したチーム以上の密度と熱量をもってトレーニングやトレーニングマッチをこなさないと差は縮まりません。
もちろんそこまで見据えて、切り替えた中で常に今日を意識しながらトレーニングできれば一番いいですが、最低限今日の悔しさをもって日々の生活から過ごしてほしいと思います。
思うだけでなく【行動】を変えましょう。

最後にいぶきも挨拶してくれましたが、本当にみんなは大きなサポートを受けて様々な素晴らしい経験をさせてもらっています。
普段のチーム活動やスクールもそうだし、フットサルクラブももちろんです。
100パーセントで打ち込むのがみんなに出来る事だと思います。
こういう機会だからこそしっかりと感謝の気持ちを伝えれるようになりましょう。
本日は遠くまでご声援ありがとうございました。

■くまコーチ
悔しい大会となりました。
大会後にも話しましたが、確かにツイていない部分も多かった様に感じます。
ですが、1試合目のそういちろう、2試合目のはゆまの決定機であったり、決めるべきところで決めれなかったのが大きかったのかなと考えています。
また、2試合目の2失点の仕方は最悪の形でしたし、コート内でのコミュニケーションを図る回数も少なかったように感じました。
たらればを言っても仕方ないですが、全員のプレーヤーに反省すべき材料があったと思います。
この悔しい思いや反省点を活かせない選手は成長していかないとコーチは考えています。
特に6年生は来年は中学生です。クラブチームもしくは中体連と活動するフィールドはそれぞれ異なると思いますが、今のままの練習に対する姿勢ではまだまだ甘い様に感じます。
コーチに言われて変えるのではなく、自分から変わらないければいけません。
この経験から、みんなが一皮むけてくれることを期待しています!

■いずみコーチ
非常に不甲斐ない結果となり、申し訳ございませんでした。
初戦に分けた相手との得失点差勝負。
2戦目に相手キーパーが退場したことにより、次節の得失点差を競う相手にとってはキーパーが累積出場停止かつプレイヤー4名というアドバンテージ。
そして、3戦目のスタートからのパワープレイ。
2勝1分の負けなしでの敗退。
フットサルクラブ初年度のバーモントカップ予選は、後味悪いとも何とも言えない結果となりました。
選手達も、これまでもこれからも経験することのないような形で、状況を深く受け止め辛かったと思います。
ただ、もっと多くの試合を、多くの経験をさせてあげたかったです。
反省点等に関しては、他コーチが触れていますのでコーチからは改めてトレーニングから伝えていきます。
第1期生となる6年生。
公式戦は終わってしまいましたが、活動はまだまだ続きます。
いち選手として、Jrユース(将来)に繋がるための準備をすることが一つ。
積極的に、大会参加もしていきたいと思います。
また、もちろんですがフットサルクラブはこの先ずっと活動し残っていきます。
現3~5年生が2~4期生だとしたら、5期生以降も代々続いていきます。
その後輩たちへ草創期を語るには、インパクトがあり過ぎるくらいの1期生の結果ですが…
みんながこの先フットボーラーとして成長していく中で、フットサルクラブの選手であることを誇れるチームにできたら嬉しいです。
現時点で、クラブの先々のことまで考えることは難しいと思いますが、主役である選手たちが創り上げていくものです。
良き仲間として、どこまで深く関わっていけるか?に、尽きると思います。
毎日一緒にプレイしましょうとは言いません。
むしろ、週1回のトレーニング、また所属サッカーチームがある中での活動と、少なからずハードルはあります。
貴重な時間だからこそ、遠慮することなく個性を表現し、主張も尊重も協調もしながら、多くの喜怒哀楽を共有し、それが仲間を理解することへ繋がります。
悪口になっても、喧嘩しても、激しくぶつかり合っても、良いです。
勝負事だからこそ、獲得できるコミュニケーションがあります。
表向きの部分ではなく、みんなは現場(ピッチ上)で共に過ごしています。
その中で、真摯に直向きに努力すること、遠慮せずに自己表現すること、仲間を理解し尊重することの使い分けができれば問題ありません。
深く、喜怒哀楽を共有していきましょう。
それができれば、伝統となり継承され、みんなが誇れるチームになっていくはずです。
そして、フットボーラーとしての将来に繋がるコミュニケーション能力が備わるはずです。
積極的に大会参加し、感情を共有できるきっかけを作っていきたいと思います。










OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿