2016年6月15日水曜日

【水スペシャル】6月3週レポート!!

いずみコーチです。

いよいよ2016年度サマーキャンプのお知らせがされました!!
待ちに待ったスクール生もいるでしょうか?
「参加する!!」「チームの合宿と重なってる…。」等、様々な声が聞かれます。
ぜひ、みんなで参加できたら嬉しいですね。
友達の新たな一面に接することで信頼関係も深まり、スクール活動にも良い影響があるはずです。

トレーニングメニュー
TR-1
・ボールキープ(個人)
TR-2
・ボールキープ(コンビ)
TR-3
・ポゼッション(6vs2・5vs2+F・4vs3+F)
GAME
・フルピッチ通常ゴール

キーファクター
・Off the Ballの準備
→ボディシェイプ(良い身体の向き)
→有効な視野の確保
・On the ballのプライオリティ(優先順位)

今回は、ポゼッションをテーマとして取り組み、多少ではありますが最後のゲームでスペースへの展開や連動性も感じられるプレイが観られたと思います。
トレーニング中も、パスの展開の速さにDFが付いていけずに止まってしまう状態も何度か観られたように感じます。

キーファクター(トレーニング中に伝えたこと)は上記以外にもまだまだありますが、ポイントを絞ってお伝えします。

①トレーニングはゴールの無いポゼッションです。
目的は、ボールを保持(ポゼッション)すること。
※別の言い方をすると、相手にボールを奪われないこと。

②ゴールが無いので、前途の目的を達成するためには、相手のいない広いスペースへボールを運ぶことで、相手から奪われることを回避できます。

③ボールを運ぶ方法は、パスorドリブル。

④どちらかと言うと、パスを飛ばした方が展開が速い。(相手が追い付けない。)
だから、プレイの優先順位(On the ballのプライオリティ)は、「相手のいない広いスペースへパスをする。」です。

言葉にすると簡単そうですが…

ここでキーファクターとなるのが、Off the Ballの準備です。
ボディシェイプをすることで、有効な視野(コート全体が観える状態)が作れます。

これも言葉にすると簡単そうですが…

プレイ中はどうしてもボールウォッチャーになってしまいます。
ボールの方向に身体が向いていると、パスの出し手と受け手の2人だけの関係になり、次の展開がイメージできません。
結局、パスを受けてからパスコースを探すことになってしまいます。

パスコースを探すのは、Off the Ballの時です。

だからこそ、Off the Ballの準備として、ボディシェイプしながら有効な視野(コート全体が観える状態)を作り、相手のいない広いスペースを探します。

キーファクターを絞って伝えると、この様な感じでしょうか?
伝わってくれたら嬉しいです。


余談ですが…
なぜ、どうしてもボールウォッチャーになってしまうのか?

目的である、ボールを保持(ポゼッション)し続けなければならないため、相手のいない広いスペースへ展開したとしても、相手がまた奪いに来るので、動いてサポートに入らなければなりません。
パスを受ける→展開する→サポートに入る→パスを受ける…
その様な繰り返しで、相手のプレッシャーを感じているうちに、思考が働かなくなりボールウォッチャーになってしまう。

ボールウォッチャーを回避するためにはどうするか?

原因
→「思考が働かなくなり」ボールウォッチャーになってしまう。

では、思考を常にはたらかせるにはどうするか?

解答
→あらゆるシチュエーションで、有効な手段やキーファクターを覚えるしかありません。


「パスにメッセージを込める。」「スペースを空けるためにショートパスやドリブルで相手を動かす。 」
トレーニング中にも、状況に応じてフリーズしながら色々伝えていました。

小学生の思考力で、どこまでインテリジェンスを高められるか。
大変ですが、コーチもとてもやりがいがあります。


今回のトレーニングでは率直に、「プレイスタイルがドリブルに特化されてきているんだな。」と、感じました。
だから、みんなはドリブルのプレイを真っ先に選択するのだろうと。

もちろんオブリガードとしては、とても嬉しいことですし、極論、Off the Ballの準備ができていなくても、ドリブルで絶対にボールを失わない自信があれば、ドリブルしながら周りが観れますね。w
と言うよりは、最終的にパスとドリブルと動き(連動性・不規則性)を駆使しながらプレイできるようになることが目標です。

テクニカル系とインテリジェンス系を隔週で取り組むことは、みんなにとって大変だと思いますが、特に感覚ではない思考を使うインテリジェンス系は、忘れないようにインプットしていきましょう!!
※因みに前回のロングボールを使ったトレーニングは、今回のトレーニングに繋がっています。

コーチ自身も、改めてポゼッションの奥深さと伝えることの難しさを感じられるトレーニングとなりました。
まとまりのない文章になってしまいましたので、このレポートでの伝え方も改善していきます。



ジメジメするこの時期は、集中力が散漫になり怪我の多い時期でもありますので、道中も含め気を付けて過ごしてください。
お疲れ様でした。



フロント横に、お洒落なカフェスペースができます!!
見学の際、重宝していただけそうですね☆

OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿