2016年6月9日木曜日

【木U-12】6月1・2週レポート!!

いずみコーチです。

梅雨入りし、特有のじめじめした気候になりましたね。
今週は、学校の移動教室等でお休みもいましたが、振替メンバーもいてたくさんの子ども達が集まってくれました。

トレーニングメニュー
TR-1
・ごちゃドリ
TR-2
・ボールキープ
TR-3
・1vs1
TR-4
・2vs2
GAME-1
・横長コーンゴール
GAME-2
・縦長コーンゴール

【TR-1】ドリブルでは、「アウトサイドのツータッチコントロール」をしながらのフェイントを特に意識しました。
ごちゃドリをしていると、ボールの運びを意識できない選手が多く、その意識付けとして。
3年かおるが、若干べた足気味でしたが、リズムあるアウトサイドタッチをできたいましたね。
全体的に、まだまだリズミカルに素早く運べるように磨いていきましょう!!
【TR-2】ボールキープでは、運びながら周りを観ること。
極論、「ボール見ないでドリブルしよう!!」と声掛けすると、4年はゆま等、ヘッドアップしながらテクニックを交えてドリブルできていましたね。
これも習慣付けです。
4年たいちもスペースへ逃げるのは得意なようです。(余裕のピース!?)
【TR-3・4】シュートコースを伺いながら、隠しながらプレイすることがプライオリティを意識したポイントです。
1vs1であれば攻撃側の武器はシュートとドリブル。
2vs2であれば攻撃側の武器はシュートとパスとドリブル。
尚且つ、2vs2であればコーンゴールが2個あり、相手のギャップ(斜め)を通したシュートが選択肢にあるだけで、格段にプレイが変わってきますね。
5年おうた・そうたが意識できていたように感じます。
【GAME】横長では、ハーフラインを境にした左右コート内の人数比率を意識しながら、数的優位を生かすこと。
何度かは成功例も観られましたが、全体的に状況を理解したコミュニケーションが増えてくると良いですね。
ここ最近飛び級している2年かけるもゴールシーンが観られ、プレイイメージを描きながら取り組めている様子が伺えます。
前途には「観る」「伺う」等、状況認知に関することが多く書いてあります。
ドリブル技術が向上することで、プレイに余裕が生まれるからこそ「観る」ことが習慣化されます。
観ることができれば、状況に応じたドリブルも引き出せるようになりますので、常に意識していきましょう!!








木曜U-12クラス、現状4名の空きがありますので、引き続き体験参加お待ちしております。

OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿