2016年7月16日土曜日

【フットサルクラブ】第10回 COPA BRASIL KIDS FUTSAL 2016

いずみコーチです。

バーモントカップ以来の大会参加。
今回は、コーチ陣が一貫している提携チームと共にU12とU10に分かれて出場です。

■U-12
いずみコーチ
予選リーグ
第1戦 vs 大島マリンズFC REDS 0-0 △
第2戦 vs ABUSADO 瑞江 9-0 〇
第3戦 vs Salonista FC 5-0 〇
2勝1分(予選1位・決勝トーナメント進出)
決勝トーナメント
1回戦 vs コスモTFC U-12 4-0 〇
準決勝 vs フウガドールすみだエッグス 1-3 ×
3位決定戦 vs BLUE EAGLES W 1-0 〇

総合3位でフィニッシュとなりました。

出場選手
6年いぶき・そうし・ひろと・ゆうた
5年おうた・そういちろう・そうた
4年りく※3位決定戦のみ
クラブ生、5.6年生は全選手参加で挑みました。

週末の雨でぬかるんだピッチにジメジメした陽気。
味スタのスケール感にBGMが流れ、雰囲気に圧倒され緊張が観られた1試合目。
チャレンジある失敗ではなく、失敗を恐れ、きれいにプレイしようとして結果的にマイナスなプレイになる。

リラックスしながらW-UPして気持ちを乗せていくことができるならベストではありますが、そうではないのが一目瞭然で、それなら試合以上の強度でW-UPして気持ちとイメージを作っていくしかありません。

2・3戦目、全員が得点に絡み、詰めの甘さがあるモノの、ある程度個の打開やヒトもボールも動きながらの形は表現できていたように感じます。

決勝トーナメント、1回戦を順調に突破し準決勝、個の能力よりは形で崩してくるスタイルの相手と想定して挑みましたが、真逆のゴリゴリ系のスタイルで、いぶき・そういちろう以外はフィジカルで太刀打ちできず…。
ただ、チャンスは作れていただけに、最初の決定機を逃したところから試合の流れが変わり、勿体ない敗戦となりました。

3位決定戦では、先に全試合終了した4年りくも合流。
アップだけのつもりでしたが、パフォーマンスでポジティブなイメージを与えてくれたため、試合にも途中出場し、その4年りくが決勝ゴールを決め勝利に導いてくれました。
得点後のピンチも、ゴレイロそうしを中心としてセカンドボールにもいぶき・そうたが必死に対応する姿勢を見せてくれました。

優勝チーム以外、満足して終えられるチームはいませんし、決勝戦の舞台を選手に経験させてあげたかったですが、最低限、一矢報いることはできたのかなと思います。

決勝戦の雰囲気も素晴らしかったですね。
少なからず何かを感じ取ることができたはずです。
選手・コーチ・審判・運営、全ての方の本気と感情表現が伝わり、リスペクト以外ありませんでした。

今後の課題提起たくさんありますが、先ずはトレーニングのイメージレベルを上げて取り組んでいきましょう。

■U-10
くまコーチ
予選リーグ
FC羽沢ウィングスA 0-2 ×
若葉ウィングス U-10 3-4 ×
光が丘SCカナリーズY 5-1 ○
勝ち点3得失点差+1で3位(3位チームの中の上位成績チームとして2位トーナメント)
2位トーナメント
1回戦 vs 東京清瀬VALLIANT RED 3-0 ○
2回戦 vs FC羽沢ウィングスB 3-1 ○
9位決定戦 vs 瑞穂少年FC 2-4 ×

総合10位という結果になりました。

出場選手
4年りく
3年まさはる・ゆうき・だいご・ゆう・ゆうと・なおや
2年さいぞう
※残念ながら4年生の欠席が多い中での参加となりました。

予選リーグは最初の2試合が試合の入り方が悪く簡単に失点してリズムを崩すという展開でした。特に2試合目の相手の若葉ウィングスは結果的に準優勝したチームでしたが、正直モノにできた試合だったと考えています。2度追いついたあとに、ミスからの失点で相手に流れを与えてしまったのが痛かったですね。大会を通じて、マークにつけていなかったり、自陣の低い位置でのパスミスといったミスからの失点が多かったと感じています。特にマークのミスに関しては、周りの選手の指示があれば減らすことのできるものです。全員が声を出していくことが必要であることを感じて欲しいと思いました。

2位トーナメントでは、自分たちのペースで試合を進めることが出来たと感じました。しっかり全員の選手がハードワーク出来ていたと思います。しかしながら、順位決定戦では、ミスからの失点で流れを完全に持って行かれてしまい、4失点と悪い癖が出てしまったように感じました。ミスは必ず出るものですが、そのミスをどれだけ減らすか、どれだけ周りの選手がカバー出来るかが大切だと感じています。その点を全員の選手が感じて欲しいと思っています。

・まさはる
全試合GKを務めてもらいましたが、全試合を通じて集中して臨めていたと感じています。まさはるのファインセーブや的確な飛び出しに救われたシーンは数多くありました。しっかり相手の狙いを読めていました! 味方への指示もしっかり出来ていたので、あとは低い位置でしっかりボールを繋げる様になることを期待しています!

・ゆうき
守備的なポジションを主に任せましたが、相手からボールを奪い切ることが出来ていたのが印象的でした。課題としては、ボールを奪ったあとのパスミスや、スピードを持った相手との1対1の対応だと感じました。1つ1つ克服していこう!

・だいご
早稲田ユナイテッドとの練習試合と比べるとしっかり前線で起点となるイメージが持つことが出来ていたと感じました。また、守備面でも体を張った守備を見せてくれていました。課題としては、前線でボールを持った時に、タメを作れる様になれると更に上のレベルにあがれるのではないかと感じました。

・ゆう
前への推進力があり、しっかりとボールを運んで、フィニッシュまで持っていくことが出来ていました。特にカナリーズ戦のハットトリックは素晴らしかったです。課題としてはやはり、前線で起点となるイメージを持つことだと思います。相手の前に体を入れることであったり、裏を狙う以外のポジショニングが出来るようになろう!怪我は残念ですが、沢山ご飯食べて、しっかり治すと共に、多くのサッカーの試合見て勉強する時間を作ってくれればと思います。1日も早い回復を願っています!

・ゆうと
体格差を感じさせない気持ちのこもったプレーと共に、しっかりタメを作って展開するプレーが出来ていたと思います。展開のイメージはチームでも最も持てているのではないかと思います。得点への意識が高かったことも良かったですね!体が小さいこともありますが、フェイントやボールを持つ際により懐の深さを出せるようになると、より上のレベルでも活躍できるのではないかと感じました。

・りく
唯一の4年生という事で、プレーしにくい点もあったかもしれないですが、ほとんどの試合で得点を挙げ、チームの大黒柱として牽引してくれました。縦への突破からのフィニッシュといった形が持てているのは非常に素晴らしいです。課題としては、右足でシュートすることを意識するあまり、ゴールから遠ざかるドリブルがやや多かったと感じています。左右両方からシュートを出来る様になれれば、アタッカーとしての幅はかなり広がります。簡単なことではないですが、左足でもシュートしていくことを意識して練習して欲しいと思います。

・さいぞう
学年が上の相手にも、遜色なくプレー出来ていました。特にパス&ムーブの質はU-10クラスではトップクラスだと感じています。また、攻守の切り替えが早い点も非常に良かったです。課題としては体格差のある相手でも一枚剥がせる技術を持てると更にレベルアップが図れるのではないかと感じました。

・なおや
守備の中心としての役割を担ってもらいましたが、しっかり相手からボールを奪い、それを運ぶこと、展開することの両面がしっかり出来ていたと思います。相手のプレッシャーにも落ち着いて対応いた点は良かったです! 仲間への指示や、クリアか繋ぐかの判断や、楔のボールを打つ点を意識して練習していって欲しいと思います!

個人個人課題が洗い出せた大会だったと思います。この夏で克服して、レベルアップが図れる様練習していこう!









発足初年度のフットサルクラブ、徐々に形として成果を上げられるようになってきました。

引き続き、みんなで頑張っていきましょう!!!

OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿