2016年7月2日土曜日

【フットサル】7月2日レポート!!

本日は快晴の中、早稲田ユナイテッドU-12さんにお誘いいただいてのTR-Mでした。
大会前に貴重なTR-Mの機会に、大会と同じくU-10、U-12に分けて2時間みっちりと行いました。
また今回は追加選手セレクションを兼ね、テスト生も一緒に参加です。

・U-12

こばコーチです。

5.6年生はそれぞれ試合後で、足も止まり気味でしたが、おおむね全勝で終える事ができました。

両チームともにハイプレッシャーでボールが収まらない展開になりましたが、個々のスキルでは相手を上回った印象です。
ただ、相手の方がダイレクトプレーなどが多かった事も確かです。
ワントップの選手へ当ててそこに対してサイドが上がる形が染み込んでいるのだと思います。
そのワンパターンだけになるのが目指すところでは無いですが、その形も含めた連動性を目指します。

個々の力では間違いなく高いレベルにあると感じます。
その力を最大限表現するためにも、連動性(ボールホルダーを追い越す、フォローをとる、交わる)を常に意識しましょう。

技術的にはどっち足に出すのか、あと1.2歩ワイドに取れないのか、ボディシェイプは的確か。

普段のトレーニングで常に声かけしている部分です。

またゲーム中おうたが相手選手を蹴り一発レッドのシーンがありました。
コーチが審判の間も、きわどいプレー、態度のシーン(いぶき、おうた)が多かったのは感じます。

徐々に下級生と比べてもチームとしての意識が芽生えてる印象の上級生で、試合に対して熱を持ってプレーできる選手が増えてきたのは素晴らしいです。
そうたやおうたも、加入当初に比べれば随分サッカー選手らしい表情になってきました。

ただ、それと相手、ジャッジに対して当たるのは全く別で、くだらないです。

周りからの目や、他チームからの評価が、、、などと言うつもりはないですが、最低限自分のため、チームのためにならないプレーはやめましょう。

常に熱さは持った中で、頭はクールに。いい選手の条件です。

他チーム、審判、仲間、自分自身に対してもリスペクトを持ってトレーニング、試合へ取り組みましょう。
技術云々よりも大切なことです。

大会前にそこも含めていい経験が出来たととられて成長していきましょう。

16日にはCOPA BRAZILです。
平日のトレーニングから大会を見据えて取り組んでいきましょう!

当たり前ですが、結果を求めて。

・U-10

くまコーチです!

3、4年生はフィジカル的にも技術的にも格上の5年生が相手ということもあってなかなか苦戦しました。
試合中にも話をしましたが、やはり球際の部分での激しさや、チーム内での声かけや指示といったコミュニケーション面などの部分は年齢に関係なく必要とされる能力です。
この点は試合を重ねるごとに、全員が意識出来てきていたのはとても良かったと感じています。

特に、たいせいは球際の部分でも5年生相手に対等に渡り合えることが出来、またしっかりゴールを奪うことが出来た点は素晴らしかったです。
指示の声もしっかり出せていました。
あとは、ドリブル中の視野がより広がるといいですね!

はゆまは少しパスを相手に引っ掛けるシーンが多かったように感じています。
しっかりとした足元の技術を持っている選手なので、プレスが速い相手にも落ち着いてボールを運べる様になることと、より声が出せる様になることを期待しています!

だいごは学年が2つ上の相手にも果敢に仕掛けてゴールを奪うことが出来ていた点は良かったですね!
また前線からのプレスもしっかり行くことが出来ていました。
あとは前線でしっかりボールを収めることができる様になることが出来るともう一つ上のレベルに行けると感じています。

ゆうは前線でボールを奪ってから素早くゴールを奪うことが出来ていました。
シュートの正確さや思い切りの良さが印象的です。ただ、前線で起点になるイメージが持てていない印象も受けました。
裏に抜ける動きも大事ですが、しっかり前線で起点になることもトップの選手には求められます。
その点が意識出来る様になることを期待しています!

ゆうとはしっかり球際の部分で激しく行くことが出来、ボールをしっかり運ぶことが出来ていました。
展開のイメージをしっかり持つことが出来ており、相手をかわしてフィニッシュまで行けていた点は素晴らしかったです。
守備面やボールを受ける際の身体の向きをより意識していくとよりベターです!

ゆうきはプレスが速い相手にもボールをしっかり運ぶことが出来ていました。
守備面でもしっかり相手とボールを見てプレーが出来ていたと思います。
あとはプレスの掛け方や、球際の部分でより激しさが出せる様になれるといいですね!

まさはるは体調不良もあり、本来の力を発揮出来なかったかも知れませんが、その中でもしっかり体を張って守備をすることや、指示の声を常に出せていました。
低い位置でのボールロストがやや目立ったので、しっかりボールをさばくことや、ボールを受ける位置を意識していきましょう!

なおやは守備面でチームに安定を与えてくれました。
球際はもちろん、しっかり相手のコースを限定しながら守備が出来ていました。
また、ボールを前線まで運ぶことが出来ていた点も素晴らしかったです。
ただ、なおやも低い位置でのボールロストがやや多かった様に感じます。
低い位置でもしっかりボールを運ぶ、もしくは繋ぐことが出来るようになりましょう!

これちかはしっかり体を張った守備や、コミュニケーション面で良さを見せてくれました。
指示の声を常に出せていた点は素晴らしかったです。
ポジショニングがもっと良くなると攻撃面でもボールに絡む回数が増えるのではと感じています!

たくまはドリブルで相手をかわしてゴールを奪うことが出来ていた点は素晴らしかったです。
ただ、全体的にプレースピードを上げる必要がある様に感じました。
特に走るスピードはもっと上げることが出来ると感じました。意識していけるといいですね。

さいぞうはフィジカル的に厳しかったと思いますが、その中でもしっかりボールをコントロール出来ていた点は素晴らしかったです。
より前にボールを運べるとよりグッドです。

相手チームがしっかりパス&ゴーしながらボールを繋げるレベルの高い相手だったので、ボールと相手を見ながらの守備の大切さが実感できたかと感じています。
レベル高い相手にはボールだけ見ていていると、簡単に振り切られてしまいます。
しっかり体の向きやポジショニングを意識していきましょう。

再来週には大会もあるので、個人個人で試合を振り返り、自分の成長に活かせる様にしていってほしいと感じています!

・セレクション参加選手

いずみコーチです。

5年かずき(木曜U-12クラス)
4年これちか(水曜SPクラス)
3年たくま(木曜U-9クラス)
2年さいぞう(木曜SPクラス)

フットサルクラブの最低限の合格基準は、ひとりの選手として誰もが納得できる選手であること。
漠然としていますが…

①ドリブルテクニック(常に前向きで)相手を剥がす・溜を作る
②連動性・不規則性(パス&ムーブ)動きで相手を撹乱する
③インサイト(洞察力)適切な状況判断・駆け引きで相手を上回る
④オープンマインド(コミュニケーション能力)
⑤ダイナミズム(積極的なチャレンジ)

先ず、5年かずき・3年たくまは、通常スクールの中でスペシャルクラスに入るために頑張って欲しいです。
その段階から、フットサルクラブ評価対象選手としての土俵に乗ることができます。
4年これちかは、特にフットサルクラブの中で4年生は優秀な選手が集まる学年で、評価基準も高くなっています。
水曜SPクラスにはフットサルクラブのたいせいがいたり、同じ4年生が多く在籍しています。
切磋琢磨し、同学年であればだれにも負けないスキルを身に付けること。

スクール生であれば、フットサルクラブのコーチ陣が常に担当していますので、基準に達すればいつでも声掛けさせていただきます。
現選手の中でも、不合格からフットサルクラブの選手として声掛けさせていただいたケースもあります。
ぜひ、高い志を持って努力して欲しいです。

また2年さいぞうは特例でセレクション参加を受入れました。
2年生レベルでは確実にトップレベルです。
フットサルクラブの選手として受け入れさせていただく事で、モデルケースとなり、オブリガードSS池袋・神楽坂校としての2年生レベルの底上げを期待しています。

①フットサルクラブ
     ↑
②スペシャルクラス(池袋校)
     ↑
③通常U-9&U-12クラス(池袋・神楽坂校)

上記のような図式が、池袋・神楽坂校として浸透してくれることを期待しております。

・第2回セレクション
7月9日(土)15:00~17:00

次回セレクションもまだまだ受付けております。
ビジターの選手の申込もありますので、経験を兼ねてぜひ積極的にチャレンジして下さい。
今回参加の選手も、もう一度ぜひご参加下さい。






OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿