2016年9月14日水曜日

【水スペシャル】9月2週レポート!!

いずみコーチです。

雨が心配でしたが、終了間際までなんとかもってくれました。

TR-1
・8角形パス
TR-2
・6角形パス
TR-3
・サーバー+ライン突破
GAME

これまでの形の確認をしつつ、特に今回は「くさび」にフォーカスし取り組みました。

攻撃のプライオリティ
①ゴール
②DFの背後
③DFの横
④DFの手前

もちろん、サッカーはゴールを奪うことが本質です。

①の常にゴールを狙うことは納得ですし、ゴールに一番近いポジションのFW(前線)の選手が②③④の順番でDFと駆け引きをしながら狙います。

だからこそ、パス回し(ポゼッション)の際は、常に前線を意識し、目線も身体も前線へ向けること(ボディシェイプをして有効な視野を確保する)が大切で、無意識レベルまで習慣付けさせたいです。

TR-3では、全体の3割程度の選手しか、前線の意識が向いていなかったように感じます。
まだまだ地道に…ですね!!

思考力が備わり始めている3年生の中では、けいたの意識(ルックアラウンド・ボディシェイプ)が高かったように感じます。
能力の高い3年生の選手達は、技術やフィジカルに頼ってプレイする選手が多くそれで現在は通用しているかもしれませんが、恐らく自チームでトップレベルのチームと対戦する際は、能力任せのプレイだけでは通用していないはずです。
4年生であれば思考力も安定し、戦術的な完成度の高いチームが多くなってきますが、3年生でもトップレベルであれば戦術的なチームはありますし、併せて技術もフィジカルもずば抜けています。
意識が変わらなければ、3年生の中では、けいたが他選手を追い越す日も近そうです。
サマーキャンプに参加してくれた選手が、実際にトレーニングした内容で成長を見せてくれるのは、とても嬉しいですね!!
けいたは、イメージを成功させる技術(今回だったらサーバーへ展開するためのキック)を高められたら、飛躍的に伸びそうです。

本題のくさびですが、TR-3でサーバーに当ててからの展開に幅が生まれたことは感じられましたでしょうか?
サーバーが相手を背負ってはいないので、実際のゲームとは多少異なりますが、守備側もサーバーに当てられると守り辛かったと思います。
サーバーを警戒してサイドに対応し切れない場面が目立った事が、くさびの有効性を顕著に表しています。

攻撃の成功例がたくさん表現できていて良かったですが、その中でも、まだまだロジカルに動けていない場面は目立ちました。
「TR-2の6角形オーバーラップの形」をイメージすれば分かりやすいかと思います。
センターDFからサイドMFに展開したタイミングで、サイドDFがオーバーラップする。
なぜ?????
サイドDFがオーバーラップする必要があるか?

「そんなの分かるよ!!!」って言われそうですが…w

ではなぜ、くさびに当てたタイミングでサイドに上がらなかったのかな?
左サイドだけ作れば十分だったかな?
右サイドにスペースがあったから更にチャンスにならなかったかな?

オーバーラップと状況は違えど、論理はほぼ同じです。

攻撃の展開をいかに論理立てて考えられるか?

その為の、8角形・6角形です。

パスコースのポジショニングを取ることがゴールになっている選手。(特に3年生)
ポジショニングは、ゴールに繋げるための手段であって、目的ではありません。

サッカーはロジカルなスポーツなので、プレイ中にロジカルシンキング(論理的思考)ができる選手であるほど、良いプレイができます。

もっと複雑な8角形・6角形やそれに代わる何かが必要なのかなと…コーチ自身も、スクール生の思考に訴えるために、課題を与えられました。w

みんなが日頃からサッカーのロジカルな部分を養うには、スタジアムでスタンドから俯瞰して観戦すること、またトレーニング中にもゲームの流れや味方・相手のプレイや考えを観察することが
大切です。
「観戦」と「観察」。
これも習慣化させましょう!!




水曜スペシャルクラス、毎週ゲームの質が高まっているのを感じられます。

更に意欲を上げて取り組んでいきましょう!!

OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿