2016年9月10日土曜日

【フットサルクラブ】DUELO Pivo! Jr. Champion's Cup

こばコーチです。

本日は横浜まで遠征してのDUELO Pivo! Jr. Champion's Cupに参加してきました。

(1) 1-4 vsCFFC

(2) 8-0 vs横浜子安ドラゴンズFC

(3) 0-4 vsアミーゴスポーラ

(4) 2-12 vsヴェルダリーロ

1勝3敗 予選敗退

トレセンメンバーが不在で6年生3人、5年生1人、3.4年生を繰り上げての出場になりました。
どのチームも6年生のみ。もしくは5.6年生チームと選手によっては3学年離れての戦いと厳しい戦いになりました。

ただ言い訳には何の意味もなく結果として受け止めるしかないです。

要因としてはあげるとキリがないですが参加選手が少なく、得点源としての活躍が望まれた4年りくや5年そういちろうのコンディション不良が顕著でした。
りくの午前中の試合での怪我はある程度仕方ないにしても、そういちろうはメンタル面の乗っていなさが直結していたと感じます。
周りのサポートもですが、自分で自分をコントロールする術を身につけましょう。

言い訳として使うのではなく、そこの部分もふくめてスキルです。

実際に2戦目のドラゴンズ戦では入りからすぐに得点を奪えたことで、流れがつかめ大量得点につながりました。
その流れを作ったのが3年だいごだったのは心強くも心配な要素ではありますが、、、

他には写真からもわかりますが、やはりスケールの小ささが目立ちます。
距離感の近いスモールコートでは特にコンタクトや相手をふりきれるかなどスケールの大きさがものをいう場面が増えます。
はゆまは特にコンタクトの部分で最後まで苦手意識が出て乗れなかったと感じます。

すぐに身につくものではないですが、日々の走り込みによる足腰の強化は大きな課題ですね。

またフィジカルコンタクトに極力持ち込まないためにもボディーシェイプ、ポジショニング、常にトレーニングしている2枚、3枚が絡んでの崩しなど意識することだらけです。

敵チームとしては、敗戦を喫した3チームは優勝、準優勝、3位(準優勝のアミーゴは2チームだし)と力があったのは確かで、どのチームも普段からチーム活動をしており、フットサルのトレーニングも多く積んでいるそうで、優勝のヴェルダリーロはポジションチェンジの仕方などチームとしての決まりごとが多くあったと感じます。

日ごろは自チームでの活動、なかなか全員がそろわない環境でそれらのチームに勝つにはやはり全員がもっともっと個のスキルを高める事が求められます。

悔しく、本当に残念な結果ですが、1日を通してアンカーとしてプレーしてくれたゆうたは少なくとも戦う姿勢と気持ちをプレーで見せてくれたと感じますし、厳しい言葉をかけたそうしの試合後の涙も少なからず結果にたいしてふがいなさと悔しさを感じてくれてのものだと思います。

3年ながら6年生相手にも個での突破と得点を奪ったまさはる、だいごなど少ないですがポジティブな要素も感じる事は出来ます。

試合の悔しさは試合でしか解消できないですし、悔しいんであれば行動で示すしかないです。

まずは個の力を高める事。特に対人のインテンシティを高める事。
これを中心に求めていきたいと思います。

保護者の皆さま、遠くまでのご声援ありがとうございました。




OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿