2016年10月1日土曜日

【フットサルクラブ】10月1日レポート!!

いずみコーチです。

不安定な天気で、運動会も順延された学校が多かったですが、そのお陰で…当初休む予定だったメンバーも集まってくれトレーニングできました。

TR-1
・ごちゃドリ
TR-2
・コンビネーション(2~4人称)
GAME

中々参加できずに、オレンジユニフォームが久々に感じましたが、バーモントカップ予選以降、結果主義になりがちであったため(また、多少なりとも守備的なスタイルからの展開も掴めてきたため)、趣向を戻し、元々オブリガードフットサルクラブが目指すスタイルに主眼を置き取り組みました。

あるあるなシチュエーション(展開)ではありますが、間とタイミング・深みと幅・連動性・不規則性・リズム…等を、意識した中でのトレーニングです。

単調に流しながら流しながら…選手達の感覚では最善のイメージなのだとは思いますが、それでは一般的になってしまいます。
ゆっくりと間がある中で、展開のリズムに緩急を生み出すことがポイントとなってきます。

そして、リズムの値と間隔。

値は、スピード感が「0%→100%」「10%→50%」「60%→100%」どの位の振り幅になるか?
間隔は、間(ボールを持つ※こねる時間)を何秒つくるか?

相手の位置関係や、連動する味方のタイミングによっても変わります。

コンビネーションの形やポイントを押さえながら、ただ教え過ぎず(型にハメ過ぎず)程よくアバウトな部分を楽しめるように、選手達の創造性でアドリブを利かせていく。

まだまだ出し手・受け手のタイミングや、3人目・サポートの連動性等、流れについていけない場面があり、コンビネーションがカチッとハマる回数が少ないです。
ただ、多少なりとも5.6年生は連動性の感覚を思い出しつつ、展開のバリエーションも掴めてきたように感じます。

スピードアップした中での技術(パス&コントロール)、フィジカルな相手に対する感覚(4年生が参加できればまだ質も高まりますが…)、ゴール感覚(フィニッシュの質・強度)、最後にフロア感覚(床質と広さ)等、最低限イメージすること・インテンシティを高めることでギャップは補わなければなりません。

結果を求めるなら、自分達のスタイルにこだわり抜いた中で、ビヴォ当てやキックインからの展開等、相手のスタイルに対応できるようにすることを目標とします。
それが、将来にもサッカーにも生かされると信じます。

今回掴みかけているコンビネーションの感覚(イメージ)を、センス的な感覚ではなく、意識感覚として、脳にしっかりとインプットさせて下さい。
必ずそのイメージには、相手の位置関係も含ませることが大切です。

選手達の創造性を掻き立てながら、流れの中で何度も修正を加えていけるよう、情熱あるコミュニケーションが飛び交うことを期待します。



フットサルクラブ、スクール生や通常クラスの体験参加の際にも練習参加に興味を示していただく選手が多くなってきました。

オブリガードサッカースクール池袋・神楽坂校のトップチームの位置付けです。

結果を求め中身を飛ばすことなく、先ずは、これがフットサルクラブのスタイルなんだと言えるところまで、質を求めていきたいです。
10月・11月と大会も控えていますが、焦ることなく着実に成長していきましょう!!

OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿