2016年11月19日土曜日

【フットサルクラブ】第10回 COPA BRAZIL KIDZ FUTSAL大会

オブリガード池袋・神楽坂校事務局です。
本日は味の素スタジアムにて第10回 COPA BRAZIL KIDZ FUTSAL大会に参加してきました。

フットサルクラブ、U-12・U-10の各カテゴリーに1チームずつの参加です。

また保護者の皆さま、遠くまでの送迎・声援ありがとうございました。
選手の大きな力となった事と思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【U-12】
・予選リーグ
①△2-2 vsFCエスペランサ
②○2-0 vsMESSE大宮U-12
③●2-3 vsSalonistaFC

1勝1敗1分け グループ3位

・3位トーナメント
6-1 vsGET荒川イエロー
2-1 vsCFFC プリメーロ
1-0 vsKOMINE FC

3位トーナメント優勝 総合17位

こばコーチです。
まずは、遠くまでの遠征、1日を通しての大会参加お疲れ様。

結果は残念なもので課題をあげるとキリがなく、スキルや試合内容の部分はうるさいほどに伝えたので、抽象的ではありますが、メンタルの部分について少しだけ記述します。

1日を通すと4勝1分け1敗という結果ですが、やはり予選リーグ1位突破がかかったSalonistaFCとの試合で先行しながら勝ちきれないという点にメンタルの部分での未熟さを強く感じました。
6年いぶきが怪我の影響から本調子とは程遠いプレーでベンチの時間が長く、その不安感に引っ張られるようにチームとしての雰囲気もいいものでは無かったですね。

いつも伝えている部分ですが、他人を巻き込んでいけるような選手になりましょう。
プレーやその他の部分も含めて。

今回のような1日を通しての大会は試合間隔は長いのに、試合自体は10分一本と短いため、いかにon/off切り替えて試合へ臨むかが大切です。
もう5,6年です。6年生はあと数か月でカテゴリーも上がりU-15でのサッカーが待っています。

セルフコントロールが出来るようになっていきましょう。

午後からは何度も何度もここが自分たちのステージではないと言い聞かせながら最低限の結果は出せました。
ただ目指す場所はもっと高くにあり、本当に紙一重の差で届かなくなってしまうものです。

あとで悔しい思いをする前に今できる事を全力で。

切り替えももちろん大切ですが、受け止めて見つめなおすこともまた大切です。

ふがいない結果ですが、【受け止めて】前へ進んでいきましょう。

また保護者の皆さま、遠く飛田給までの送迎・声援ありがとうございました。
みんなの喜ぶ姿が一番の恩返しです。
次は結果で感謝を伝えようね。

【U-10】
くまコーチです。
U-10ですが、参加メンバーは
りく、てつのしん、まさはる、ゆう、けいた、ひろとも、さいぞう
の7人で闘いました。

・予選リーグ
FC DONFHY 1-0◯
Contigo Kosugi 3-1◯
コスモTFC U-9 6-0◯

3戦全勝 グループ1位

・1位トーナメント
多摩JrFC 3-0◯
YSO A 0-0(pk3-4)●
FC DONFHY セカンド 5-0◯

1位トーナメント3位 総合3位

全6試合を通じて、与えた失点は直接FKの一点のみと、かなり安定した守備が出来ていた点は非常に良かったです。
ボックスの後ろを務める、まさはるとてつのしんがしっかりと相手の攻撃を潰しきれていました。
また、奪ったボールを前線に繋いで相手を崩そうとする動きも観られました。

前線を務めた、りく、けいた、ゆうもオフェンスだけでなく、守備のマークやバランスをしっかり見ながらプレー出来ていたと思います。

その一方で、決定力の低さやゴール前での軽いプレーもやや気になりました。
予選リーグでもあと何点も取れるシーンはあったと思います。
準決勝でもチャンスは何度かあったものの決めきれなかった点が敗退の要因だったと感じています。
個々の選手が一つ一つのプレーに責任をしっかり持ってプレーしてくれることを期待しています。

しかしながら、7月の10位から今回は3位と順位を上げることが出来たのは大いに評価出来ると思います。
コパオブリガードに続き、U-9、10世代が好成績を残せています。

これからも、クラブ全体に良い影響を与えられる様に頑張っていきましょう!

ここからは個々の選手に向けてのコメントです。

・りく
ほぼ全試合でゴールを決める活躍を見せてくれました。
球際でも強さを見せるようになりました。
りくに助けられた場面も多かったと思います。
しかしながら、試合中にコーチ達が伝えたように、ゴール前での軽いプレーであったり、決定機を外してしまうシーンもやや多かったと思います。
ゴール前でのプレーの精度を高めることと、左足でもシュートを打てるようにしていくことが課題だと感じました。

・てつのしん
フットサルクラブでは初めての大会でしたが、まさはると共に、しっかりとした守備で、チームに安定をもたらしてくれました。
パスカットやハイボールの処理も素晴らしかったです。
攻撃参加の際にもっとボールを引き出せる様になりましょう。

・ゆう
途中出場が多かったゆうですが、その理由として、同じ前線のけいたに比べて、守備の際のマークが出来ていないことや、攻守の切り替えの早さが遅いことなどが挙げられます。
フットサルは前線の選手にも守備のタスクが求められますが、その点を改善してくれることを期待しています。
攻撃面では、ポジショニングの良さを感じました。
視野を広げてプレー出来る様になりましょう。

・けいた
2枚の前線の1人として、プレーしてもらいましたが、以前に比べると球際にも厳しく行ける様になって来ました。
神楽坂での練習の成果を感じました。
また、ゴール前での崩しのアイデアも持ってプレー出来ており、ゴールも奪えていました。
ただ、決定機を逃すシーンが少し目立ったので、確実に決められる様にしていきましょう。

・まさはる
フットサルクラブでは、ゴレイロ(キーパー)を務めることが多いまさはるですが、今日はフィクソ(ディフェンス)でプレーしてもらいました。
自分よりも大きい相手にもしっかり体を入れてボールを奪うことができていました。
課題としては、セットプレーでのマークのつき方やスペースの埋め方、またキックインの時のボールを受ける位置が良くないことが多いので改善していきましょう。

・ひろとも
ゴレイロでプレーしたひろともですが、序盤は集中できていないことが多かった様に感じました。
特にFKからの失点は、ひろともが全く準備できていませんでした。
集中力を保つことが最重要課題だと感じます。
また、スローイングなど随所に好プレーも見られました。
だからこそ、集中を保つことを常に意識してプレーしていきましょう。

・さいぞう
ラスト1試合のみの参加でしたが、ゴールを決め、しっかり結果を残したことは素晴らしく、パスアンドムーブの質もかなり高いです。
球際でもファイト出来る様になってきました。
プレーの中でスピードの緩急をより、つけられる様に練習していきましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

U-10のみんな、3位入賞おめでとう!
ただU-12、10ともに目指すところはまだまださきにあります。

OBRIGADO池袋・神楽坂校約120人のTOPチームとして誇りをもってトレーニングしていきましょう。






OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿