2017年3月17日金曜日

【金U-12】3月第3週レポート!!

こんにちは、トーマスコーチです。

神楽坂校の3月17日(金曜日)のレポートです。
今週も5時半から7時まで延長トレーニングしましたのでいつも通りメンバーは本当に疲れたと思いますが、すごい貴重な時間だった。

テーマは「フェイント+ 2 vs 1」って話題でした。
もうすぐ学年が終わりますと多数決選手がかなり長い間オブリガードサッカースクールでやってますので練習の難易度は増加しました。
金曜日クラス人数が多くて、選手によって年が違うと言う状況がありますのでメニューの時間が伸ばすと決まりました。
理由はコーチたちが一人一人に見たい、出来ない事又はやり方が違うの場合に修正をしたいです。

【トレーニングメニュー】 

Tr-1 ゴッチャドリ 

Tr-2 ボールあって鬼ごっこ 

Tr-3 一対一、二対一勝負 

Tr-4 ゲーム 

今回ゴッチャドリは本当に長い間かかりました。
シンプルな種類を早く出来ましたが、チャレンジはどんどんあげました。
最初にはみんなよく分かるフェイントだった。

しかし、すぐもっと複雑な練習になりました。
コバヤシコーチはフェイントを含めるやり方を見せてくれました。
組み合わせの量は本当に多いでした、30種類以外!もちろん、一歩ずつすすんでいました。

やりやすいやつもあったし(例えばステップオバー+V字、ワンステップ+シザーズ)、やりにくいやつもあったし(例えばルレート+オリジナル、ステップオバー+インサイド軸足裏)。

フェイントを学習は長くて、きついな過程ですから以下は学び方の説明しますのでご了承下さい。

1. 間違えるで学びます。沢山施行して、最初から出来ないが、筋肉と頭に動き方を少しずつ合わせる。そしたら、やりやすいになります。諦めないでください!

2. コーチはいつも正しいやり方を見せますので集中で見て、覚えて、キーポイントを見て取って下さい。

3. 練習時にダイナミックで動かして下さい。体が早く動かすの場合、フェイントパターンははっきり
覚えます。

4. プロサッカー選手は練習間にプラクティスするだけではなく、自由時間にもフェイント磨くして下さい。短いスペースが足りるのでどこでも出来ると思います。

5. 分かりません事あったらすぐコーチに聞いて下さい。コーチたちはいつでもサポートしますので沢山ヒントをとって下さい。

以上の方法で勉強したらすぐ改善が出来上がりと思います。

続いて、ボールあって鬼ごっこに関して、移動性が本当に大切な事です。

走るの方向を変更するは必要です。
あと集中すると反射的な移動が出来ます。

ピッチの状況よく見て、ボールをあたってないのため早くリアクションをさせるは目的です。
代わりに鬼の選手は相手の移動を予期して、良いタイミングで強くて、精度なパスを出して欲しいです。

そしたら、1 vs 1 と 2 vs 1 トレーニングは試合みたい状況にイメージします。
相手から逃げてない、先に学びましたテックニクを使って、勝負してって事を選手に言いました。

それも時間がかかるけど色んな選手が本当に良い姿勢が出来た子たちがいましたからよかったですね。

人数が多かったのでゲームの間に判断する時間が本当に短かった。
プレッシャーが強くて、スペースが少なくて、タックル企てたがいっぱいから意識でやるプレーは必要でした。

みんなが疲れてるけど負けるの気持ちは嫌ので一所懸命頑張りました、本物サッカーっぽくゲームでした。

練習間にモチベーションが上がって、頑張る雰囲気を持ってましたので本当にお疲れ様でした!









OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿