2017年5月27日土曜日

【フットサルクラブ】5月第4週レポート!!

こばコーチです。
フットサルクラブ、5月最終週のレポート配信です。
今日は3年生から6年まで10名での開催でした。
それぞれ自チームでの公式戦も増えてくるシーズンになってきました。
自チームでの活躍が聞こえてきて嬉しい限りですね。

【メニュー】

Tr-1 ボールタッチ

Tr-2 1対1

Tr-3 パス回し→シュート

Tr-4 2対2+2サーバー

Tr-5 ゲーム

Tr-1,2
先週行ったボールマスタリーを今週は動きながらの形で。
慣れない足裏でのタッチが多いマスタリー、プラスで目の前の相手を揺さぶるようなイメージが大切です。

ゲームや1対1に繋がりづらいと考えられているボールマスタリーですが、動きながら、1対1を入れながら行うことで、コーディネーションやボールタッチ以外の実践的な部分でも有用だと感じることが出来ました。

Tr-3
パターン1_a
フィクソ→アラ→ピボ→アラ
(縦へ抜けてのワンツー)

パターン1_b
フィクソ→アラ→ピボ→アラ
(クロスオーバーでのスイッチ)

パターン2_a
フィクソ→アラ→ピボ
(縦へ抜けたアラを囮に使ってのターン)

パターン2_b
フィクソ→アラ→ピボ
(クロスオーバーしたアラを囮に使ってのターン)

パターン3
フィクソ→アラ→フィクソ→ピボ→フリー

上記5パターンの形をトレーニングしました。

パターン1に関してはアラがピボヘ当てた後のワンツーの動き出しです。
アラへリターン後ピボがファー詰めする癖をつけていきましょう。

パターン2ではワンツーをもらいに動き出すアラを囮に使ってターン。
ワンツーへ対応するDFを外すためにアラの動き出しの逆へターンすることが大切です。
また、半身でマーカーを抑えながら遠い方の足でターンしていきましょう。
フットサル独特の足裏を使えるとより良いですね。

パターン3はピボを確認したアラが当てれない→フィクソへリターンしフィクソ→ピボヘの展開という形でした。
ピボを確認せずリターンしている選手が多少いたため、視線を向ける癖をつけていきましょう。

優先順位として大切なのはまずは【前】です。

フィクソからピボへの展開後は1a~2bまでの4パターン自由に。
マーカーの動きに合わせてプレーの選択が出来ればベストでした。

Tr-4
tr-3のダイヤモンド形を2サーバーを固定し、動き、DFが付いた中で外す事を求めます。
途中からは、当てた後はサーバーと入れ替わりながら。
後ろ3枚が入れ替わりながらピボを目指す形をイメージする事が大切です。

スペースがあればTr-1,2のボールタッチを活かした1対1が活きれば尚良かったです。

ゲームでは多少ポジションをいじりながら。
それぞれ適正を見極めながら徐々に確定させていければと思います。

ただ、ベストなのはどの選手も全ポジション出来ること。
ユーティリティ性を養うためにも、ポジションへの理解力、基本原則を養っていきましょう。

暑い中でしたが、密度濃く良いトレーニングが出来たかと思います。
回しの形、マスタリー(5月20日配信)共にレポートに上がっています。
見返して思い返しながら積み上げていきましょう。








OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿