2017年6月17日土曜日

【フットサルクラブ】6月第3週レポート!!

こばコーチです。
フットサルクラブ、6月の第3週レポートの配信になります。

今回は10名が参加してくれました。
午前中に練習のあった選手、直前まで試合のあった選手などそれぞれ自チームの活動がありながら意識高く参加してくれています。
サッカーへの姿勢の面でも指針となりうる選手が多く嬉しい限りです。

【メニュー】
・ボールタッチ

・1対1

・3対1

・3対2

・4対4 エリア移動

・セットプレー

・ゲーム

ボールタッチ、1対1と個人トレーニング後3対1から3対2、4対4のエリア移動と発展させて行いました。
3対1では一般的には鳥かごといわれるトレーニングですが、普通に行うんではなくエリアで区切り、出した後の動き出しを含めながら。
常に細かくポジション修正しながら、アングルを取ることを求めます。

またドリブルでのグリッド移動、3秒キープなど含める事で、テクニックを使いながら時間を操ることも大切になりますね。
状況に応じたプレーの選択が出来るようになっていきましょう。

1対1でも意識した常につま先、へそをピッチの中央へ向けることをポジション取りでも意識します。
動き出しが遅い、もしくは出し手のタイミングが早すぎると、受け手が視野を確保する前にボールを受けてしまい、DF、スペースを認知する余裕がなくなってしまいます。
体の向き(ボディシェイプ)を体へすり込ませていきましょう。

4対4のエリア移動は3対2でボール回し+タイミングを見て反対コートにいる2枚につかれた1枚へパスを当てます。
当てたボールに対し、3枚のうち2枚が連動し反対コートでも3対2で回します。
攻撃方向がついた中で、視線をFWへ向ける事。またピヴォへ当てた後の2枚の関わり方もまたポイントです。
以前のトレーニングでトレーニングした関わり方の5種類を思い出しながら追い抜く、フォローをとる、と出来ればよかったですね。

奪われた際は1枚がプレスバックし守備へ参加。(奪ったDFは素早く逆コートへ当てる事で、数的優位を作り出せます。)
またピヴォへのコースを切るプレスのかけ方が必要となりますね。

セットプレーは多少時間が少なくなりましたが、キックインからの形を3パターン。

・右サイド
①シンプルなチョンドン。(ピヴォ→右アラor右アラ→フィクソ)
→出来るだけ助走を短く取り素早いふりを意識しましょう。また逆サイドの選手はファー詰めを忘れず。

②チョンドン ワンドリブル(同上)
→DFが対応してきた際にシュートフェイント+ワンドリブル縦へ外してのシュート。キックインした選手はフォロー、もしくはフィクソが関わっている際はカバーリングを意識しましょう。

・左サイド
③キックイン→落とし→カットインシュート(左アラ→ピヴォ→左アラorフィクソ→左アラ→フィクソ)
→レフティが3年りょうただけのため当ててカットイン気味にワンツーを受けてのシュート。当てられる壁は背負うのか前向きで後ろへ落とすのかイメージしましょう。また足裏を使うことでキッカーが合わせやすくなります。

シンプルな形ですが、アウトプレーの多いフットサルにおいて、セットプレーから点が取れれば大きな武器となります。
共通認識を持っておきましょう。

ゲームではけいた、つばさがいいプレーを見せていましたね。
ただまだまだ繋ぐのか崩すのか、チームで意思疎通がはかれていないことが多少あったのですり合わせていきましょう。

3年4年が安定して参加してくれ、ここ数回のトレーニングで徐々に完成度上がってきているように感じます。
週1回のチームトレーニングしかできないので、個人技術(リフティング、ボールタッチ)は是非個々人でスキルアップして来てください!

また気温が高く熱中症対策も必要なシーズンを迎えました。
大丈夫だとは思いますが、しっかりと準備して来てください。



OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿