2017年11月11日土曜日

【フットサルクラブ】11月第2週レポート!!

こばコーチです。
フットサルクラブ第2週のトレーニングレポートです。

気温も低く怪我のしやすい季節です。
ピステ、アンダー着用しての参加のメンバーも目立ちました。

トレーニング前にはしっかりとウォーミングアップで体を慣らしておきましょうね!!

W-up

Tr-1 ボールタッチ

Tr-2 1対1

Tr-3 2対1

Tr-4 3対2

Tr-5 3on3

さて今週のメニューですが、参加人数の兼ね合いもあり足技。
特に足裏を多用した持ち方に2時間ほとんどを割いてのトレーニングでした。

フットサル独特の足裏でこねながら、相手から遠くで持つ。
かつ後ろを向いてしまうんではなく、片足、肩でブロックを形成しつながらの持ち方をトレーニングです。

相手と正対し、はがすトレーニングは多く積んできていましたが、キープと運びに関してはまだまだ感覚的につかめていない印象のフットサルクラブの選手達。

ブラジル対日本の試合が前日にあったこともあり、ブラジル選手の持ち方、腕の使い方をイメージしながら守りながら運ぶスキルの習得を目指します。

また後ろを向かないメリットとして、ピッチが見渡せ、2対1、3対2のコンビネーションも図ることができます。

正直全体としてかなり苦戦している様子は見えました。
普段の持ち方との違い、使い慣れない腕、手の張り方、、、
ただみんなはまだまだ一つのプレーに染まる必要はなく、また柔軟にプレーの幅を増やしたいからこその自チームの活動もある中でのフットサルクラブへの挑戦かと思います。

深い持ち方が出来れば、より視野は広がり、奪われずらくなる。
また腕を突っ張ってのキープ、プレーエリアの確保は通常のサッカーでも十分に活かせるし、特に海外の選手には多く見れる重要なスキルです。

参加してくれたけいたやつばさは短時間のなかではありますがスタイルの違いに対しチャレンジが見られましたね。

撮った動画を少しだけ。
あらた、けいたのグリッド内1対1。
重心低くタッチにスピード感あり、腕を張ってプレーエリアを確保できているケイタに対しあらたは軽い持ち方の印象。
腕を張り、腹を落とせれば軽さは消えます。

あらた、つばさとゆうとの2対1。
つばさは外してのコースが作れています。
足裏を使っての運びは出来ていますが、ヘッドダウンしてしまうリスクも。
顔を常に上げる意識は持ちましょう。

3対2の回し。
けいた、つばさな出してからの連動は随分と意識づいてきましたね。
あとは運びが加わることでパス以外でもボール、相手を動かしての崩しが見えてきます。

ゲームでは3on3が多いフットサルクラブ。
ただ、連動性やポジションチェンジ、流動的な攻めという点においては一番チャレンジしやすいのが3対3でもあります。

まずは3対3のピッチサイズ、人数でチャレンジできるよう意識していきましょう。

フットサルクラブ、少数ながら質の高いトレーニングを行っています。
是非チャレンジお待ちしています。

OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO
池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿