2017年11月14日火曜日

【神楽坂火U-9&12】11月第2週レポート!!

こんにちは、

トーマスコーチです。11月14日(火)神楽坂校のレポートです。当日にオカダコーチが体調不良の為お休みさせた、逆に木部コーチと担当しました。

今回からメニューが変わりまして、新しいテーマに取り組みました。前の部分「三角形パス」と関係ある、「2人組と3人組でコンビネーション」って言う話題で行っています。
Obrigado SS でクリエイティブな選手、上手く展開出来る選手になって欲しいから技術とカ考えは要求する練習実施が多いですね。しかし、メンバーレベルによる調整が出来ますので全員がモチベーション出したらしっかりトレーニング出来ます!

MENU

Tr-1 ドリブル+ビジョン
Tr-2 壁パス
Tr-3 砂時計パス
Tr-4 2 vs 2 と 3 vs 3

Tr-1 について、いつも通り狭いスペースでボールコントロール出来るようにメリットがある内容でしたが、今回設定が変わりました。2チームで分けて、PK から PK まで様々ドリブル方法で移動しました。コーンとネットに触らない以外もう一つ大事な事があります。前から来る選手を上手く避けて、タイムプレッシャー時にもスペース、展開コースを見つける能力です。単純な方法(右足だけ、インサイドだけ使う可)からもっと難しいパターン(右+左+足の裏+アウトサイド+右)まで徐々にレベルあがりました。もちろん、試合時にそんな複雑なドリブルあまりないですが、練習時に色んな事に注意しなきゃの状態で意識なサッカートレーニングですと思います。本当のサッカー試合に結構あるシチュエーション再現しました。

Tr-2 壁パスとは 1-2 プレーの事です。二人組で三角形を使って、相手かわすと前に崩す本当に便利なプレーです。イメージは全く難しくないけど連続3回上手く出来るまで時間かかりました。重要な原因とは:
・ 止まらない。初めてのボールタッチからゴールまで一回でも止まらない。止まったら、テンポとリズムをなくなる、次のパスに遅れてる。
・パスの方向。移動する選手も、壁パスする選手も必ず前斜めにボール出さなきゃといけない。頭の中三角形イメージを守りましょう。近すぎて、遠すぎてパスの場合、リズムを落とす。
・開くで移動する。動いてる選手が前斜めにパスするが、走る方向は壁と平行です。見方の方に行ったら、使ってるスペースが減らして、愁眉する相手の対応しやすい、パスインターセプトの可能性が増やします。

Tr-3 砂時計パスは私の大好きな内容です。理由とは、パス、運動、ドリブル、ファーストタッチ、ポジション交代、集中、テンポー単純な設定(初心者でもすぐ理解出来る!)でこんないっぱい練習が出来る!また、合わせて6人が同じ瞬間に移動するとめっちゃかっこいいと感じます。そしたら、一人だけミスしたら全グループの失敗から個人モチベーション、責任が増やしている。本当に、コーチが指したゴール(5分でミスなしなど)までやり続けた時に雰囲気が盛り上がりまして、見方とコミュニケーションが素晴らしくなったと感じました!

Tr-4 普通のコーチングパターンですが、前に学びました能力やスキルを試合環境で実施したいからミニゲームで行きました。ボールいっぱい触ったり、見方と繋がったり、考えながら攻めると守るしたり、いい形になりましたと印象する。

来週にも楽しくお待ちしております。





OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿