2017年12月6日水曜日

【水スペシャル】12月第1週レポート!!

いずみコーチです。

2018ロシアW杯の組合せが決まりましたね!!
今からとても楽しみです。
本日より、5年けんしろうが仲間入り(復帰)してくれました。
相変わらず、お休みの多い水曜スペシャルクラスです。。
みんな体調管理しっかりしよう!!

トレーニングメニュー
TR-1
・1vs1の対応
TR-2
・3vs3(4vs4)ラインゴール
TR-3
・6vs6+2S

今週より、守備がテーマです。
多少なりとも攻撃面に重きを置いたテーマを取り組んできた中で、守備の質を上げることにより、更なる攻撃の質を求めていきます。
良いシナジーに繋がるひと月にしましょう。

昨年度に行ったことのあるトレーニングメニューに、多少なりともリフレッシュさせた形で取り組んでいます。
「あーなんとなく覚えてる。」と言うような、選手もいましたが、問い掛けに対する、明確な答えは返ってきていないので、それでは習得してるうちに入りません。

攻撃以上に、守備は規則性が大切です。

きっちりと原理原則、覚えましょう。

キーファクター
■1vs1の対応
①素早いアプローチ(パスの移動中にできるだけ寄せる)
②ファーストタッチミスを狙う(タックリング)
③ファーストタッチの対応(ステップを合わせる・間合いを取る)
④ボールをさらした瞬間を狙う(前足を出す)
⑤仕掛けたタイミングで身体を入れる(腰から強く当てる・上半身もうまく使う)
⑥状態が悪く(後ろ向き・横向き)なったら一気に寄せる

■マークの原則
①ゴールと相手(マーク)を結んだライン上
②ボールと相手(マーク)を同一視できる身体の向き
③インターセプトが狙える且つ背後を取られない位置(距離感・間合い)

■チャレンジの原則
①インターセプト
②タックリング(ファーストタッチミスを狙う)
③前を向かせない
④ディレイ&ジョッキ(遅らせる&限定)

■組織的な守備の原則
①遅らせる(1stDF・ボールを前へ運ばせない)
②厚みと集結(2ndDF・カバーリング・コンパクト)
③バランス(マンマークまたはゾーンマークのポジショニング)
④コントロール(DFライン・自制・的確な状況判断)
⑤GKとの連携
今回のトレーニングの中では、やんわりと全て伝えていましたが、先ずは1週目ですのでマークの原則までは、インプットしておいて欲しいです。

マークがきっちりできている選手は、インターセプトが多く観られましたね。
特に、3年おうしは守備でも賢さを感じさせてくれます。
正直、スペシャルクラスへの受入れを悩んだのですが、ひと月でガラッと印象が変わりました。

最終的には、まだまだ何となくではありますが、組織的にハイプレッシャーでくる相手に対し、攻撃側が悪戦苦闘する場面と、何となくだから規律が緩い(守備の連動が遅い)とドリブルでスルスルとかわされてしまう場面も観られましたね。

今月は3週までしかありませんので、簡単に理解できるようなテーマではありませんが、このレポートでしっかりとおさらいして、トレーニングを積み上げていきましょう。

1vs1の対応、5年つばさはなぜかわされてしまったでしょうか??
答えは簡単ですね
※ドラッグしてみてください。w
4年ゆうたは、横にズレながら、ひとり分コースが空いたタイミングで仕掛けています。
修正ポイントは、間合いが一歩分近く、正対しステップが揃っているため、半身になり後ろ足に多少重心を傾けることにより、相手がスピードアップして突破するコースへ侵入する(身体を入れる)ことができます。

今回は、途中で接触が悪いのか電池が切れてしまったので、次回は映像を交えながらレポートできたらと思います。

OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿