2017年12月9日土曜日

【フットサルクラブ】12月第2週レポート!!

こばコーチです。
フットサルクラブ、12月第2週のレポート配信です。

本日は各チーム活動が無かったのか、久しぶりに多くの選手達が参加してくれてにぎわっての開催となりました。

少数だとどうしても基礎的な「パス」「ドリブル」「シュート」いずれかに絞ってのトレーニングとなってしまいがちですが、今回のように集まってくれると戦術的、コンビネーションにフォーカスしてのトレーニングが可能です。

今回は「数的優位でのビルドアップ」に絞ってのトレーニングです。

W-up

Tr-1 2対1
Tr-2 3対1
Tr-3 3対2

Tr-4 3対2+ビルドアップ

ゲーム

まずは一般的な数的優位でのパス回し、ボールキープから。
徐々に関わる人数、DFの数も増やしながら実践へ近づけていきました。
人数が増えても基本的に意識するポイントは変わらず、オフザボールでは「アングルを作る」オンザボールでは「深い持ち方」

オフザボール、オンザボール両方が実践できることで、相手に奪われないでのボールキープが可能です。

しかし、単純なパス回し、ロンドだけでは攻撃方向やゴールが意識できなくなりがちですので、ゲームの前にはビルドアップを含めて。
常にゴール方向、敵陣を意識した中で、チャレンジするのか安全に回すのか。
視野が確保できていて、情報を絶えず入れているからこそ判断が出来ます。

まさはるや、けいたは意識出来ていましたね。

ただコーチ自身が入っても感じた事ですが、無謀なチャレンジが少し多いですね。
あくまでも数的優位な状況下でのキープに設定しています。

詰められて慌てて前線へ放り込んでしまうようでは、マーカーも読み易く、1対1でつぶされるシーンが増えてしまいます。
裏も狙える、ドリブルも対応しなければいけない、DFの仕事量を増やすことで、OFに優位な状況を作ることが出来ます。

また数的優位でのキープにおいても、狭いサイドに追い込まれるシーンが増えています。
ダイレクトプレー、早い展開での回しを交える事でDFからスペースを広く開けた中で受ける事が出来ます。

スペースがあれば当然それだけ余裕があり、様々なアイディアも出ますね。

ビルドアップに成功した後はゴールを目指しなるだけ早くフィニッシュまでを目指す。
サッカーとの大きな違いですが、ビルドアップ後からフィニッシュまでのスピードを上げる意識が大切で、その意識がフットサルのトランディションにもつながってきます。

2時間の中でしたが、充実した質の高いトレーニングが出来ました。

今年のトレーニングも次週でラスト。
最後まで質の高いトレーニングを提供していきたいと思います!
是非体験参加のチャレンジもお待ちしています!




OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿