2017年12月12日火曜日

【神楽坂火U-9&12】12月第3週レポート!!

こんにちは、おかだコーチです!

12月第3週 神楽坂校火曜日クラスレポートです。
今週はセイヤが体験で参加してくれました!


練習メニュー

ドリブル+フェイント  
2 vs 1 パート1 
2 vs 1 パート2 
ゲーム 

最初はドリブル練習から。
ディフェンスが実際に目の前にいると少し勝手が変わりますね。コーンに向かってドリブルをする時と違い、相手の間合いも考えなければいけません。ディフェンスの脚の長さ、その時のスピードによっても、適切な間合いは変わってきます。
コーンが人に変わったときの距離感、少しずつものにしてほしいです。逆に、コーンドリブルをする時も、ディフェンスを想像しながら練習できるようになってもらいたいところです。

続いて2対1に取り組みました。今週から始まったメニューですが、テーマは数的優位です。
ゴールを奪うという目標を達成するために、シュート、ドリブル、パス、どのプレーが最も有効なのか、そして、そのプレーを誰が行うのが一番良いのか、ということを意識していきましょう。
練習の最初の頃は味方の動きをあまり考慮せず、1対1の繰り返しになってしまう場面が多かったですが、しゅんだいやカイトは途中からプレーを選択している様子が見られました!ディフェンスを引きつけてのパス、逆にパスと見せかけての縦への突破など、自分と味方、ディフェンスの状態を考えてプレーできていたと思います。特にカイトは、味方と関わってプレーをすることで(パスを出す、出さないに関わらず)、ドリブルがより活きてくることが感じられていると良いなと思います。グッドでした。

全体的に言えることですが、横パスをカットされる場面が多かったです。ディフェンスの選手はしっかり狙えていたのでとても良かったのですが、オフェンスの選手は同じ状況で同じようにカットされないように少し工夫していきましょう。基本的なことですが、前にドリブルをするとその分ディフェンスにジリジリと近づいているということが分かるといいのかなと思います。自分のタイミングだけでサッカーをしていると上手くいきません。また、受け手の選手も、同じように少しずつ少しずつ前に進んでいると、いつのまにかパスコースがなくなります。欲しいタイミングでパスが来なかった時に、もう一度ポジションを取り直す、出来る選手は意識していきましょう。

上級生はパスなのかドリブルなのか、技術を実際に使えるように、常に判断をしながらプレーしていきましょう。
下級生は、常に味方の存在を感じながらプレーをしていきましょう。
今週は待ち時間が少し長くなってしまい申し訳なかったのですが、待っている間も他の選手のプレーを見たりして、上手な選手からイメージを得てもらえたらよかったなと思いました。

少し難しいかもしれませんが、非常に重要なテーマです!来週も頑張っていきましょう!

※写真なしでの投稿となります。ご了承ください。

OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿